TBC同意書は未成年の場合必ず必要なんですか?

未成年の場合、何をするにも親権者(保護者)の許可が必要になりますよね?

自分の行動について、いちいち親に許可を貰わなければならないのは、
ちょっとわずらわしかったりします。

でも、まだ成人していない立場なので、こればっかりは仕方ありません。
大人になるまでは、規則に従いましょう♪

エステティックTBCをはじめ、全国に脱毛サロンは沢山ありますよね。
どのサロンでも、未成年者の脱毛に関しては、親権者の許可が必要になります。

そして、それぞれのサロンには専用の「親権者の同意書(承諾書)」が用意されています。
保護者から、その同意書に必要事項を記入してもらい、お店に提出しなければなりません。

親権者同意書は、エステによって違います


同意書ですが、手に入れる方法はサロンによって違います。

カウンセリングの時に、手渡しする脱毛サロンもあります。
ウェブ上でダウンロードして、持参していけるサロンもあります。

ここでは、エステティックTBCの同意書について紹介しますね。

TBCには、同系列の脱毛店⇒エピレと共通の脱毛プランがあります。
格安料金で痛みのない脱毛方法なので、これが今とても人気があるんですよね。

脱毛部位もいろいろ選べるので、さまざまなニーズにも対応できるところが良いのだと思います。

脱毛プランについて、詳しくは⇒こちらの公式サイトを見てもらえば分かりますので、
ここでは省略することにします。

未成年者がTBCで脱毛する場合に、必要なものは?


それは、冒頭でも説明した「親権者の承諾書」です。
TBCとエピレの場合は、ネットからダウンロードもできるので、そこで手に入れてもいいですね。

⇒TBC×エピレ ファーストプラン承諾書はこちらです

また、同じ未成年でも、年齢や立場によって少し条件も違ってきます。
大きく分けると、以下の通りです。

  • 15歳以下(中学生以下)

  • 15歳(中学生除く)~18・19歳(高校生・高専生)

  • 18・19歳(高校生以外)

  • 詳細は、TBC公式サイトでチェックしてみてくださいね。

    また、TBC同意書はダウンロードしなくても、同じ内容が書かれた用紙でも大丈夫です。
    自宅にプリンターが無い場合、書き写して用意してもいいですね。
    もしくは、コンビニのプリントサービスを利用する、という方法もあります。

    未成年ですから、できる限り親同伴でTBCの無料カウンセリングへ行った方がいいと思います。
    もちろん、親にも都合があるでしょうから、出来る限りです。

    そうするれば、いざ契約するとなった場合に、その日のうちに処理が終わります。
    保護者の人も、実際にTBCで脱毛の説明を受ければ、納得してくれると思いますからね。

    大切なのは、きちんと保護者に伝えること


    このブログを読んでいるということは、
    もしかしたら、親が許可してくれない可能性が高いのかもしれませんね。

    親自身が脱毛経験のある人だったら、そこまで心配はしないと思います。
    経験がないから、心配するんですね、きっと。

    あなたが、TBCで脱毛したい気持ちを、頑張って伝える努力をしましょう。

    もしかすると、あなたがムダ毛でどれだけ悩んでいるか、
    親の方はよく分かっていないかもしれませんしね。

    そして、出来るだけ一緒にカウンセリングへ行ってもらいましょう。

    TBCでの脱毛の不安が少しでも解消すれば、
    あなたの親も気分良く送り出してくれると思いますよ。